デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2008年12月26日

嘘みたいなプロポーズ


嘘みたいなプロポーズ

「きみの婚約者はほかの女性とも関係を持っている」父の右腕であるグリフィンにそう告げられ、エバは頭が真っ白になった。どうやら結婚に反対していたエバの父親が、彼に調査させたらしい。グリフィンとは知り合って十年になるが、エバは昔から彼のことが好きではなかった。野心家で堅物で、今や二社のCEOを兼任するほどの仕事人間。何より、いつも見下したような態度でエバに接してくるのだ。よりによってその彼に、こんな話を聞かされなくてはいけないなんて。理不尽と知りつつ、エバは沸き上がる怒りをグリフィンにぶつけた。そのときとんでもないことが起きた。彼が突然、キスをしてきたのだ。
posted by くまちゃん at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エーゲ海に呼ばれて


エーゲ海に呼ばれて

息子と暮らすアヴァの前に、ある日思いがけぬ人物が現れた。クリストス・シアキスアヴァがかつて心から愛した男性だ。二年前、ギリシアを訪れたアヴァは彼と出会い恋に落ちたが、彼の兄との不貞を疑われて追い払われたのだった。もしかして、クリストスはようやく認めてくれたの?私の息子が、お兄さんの子などではなく彼自身の子だということを。だがクリストスの話を聞き、アヴァのはかない希望は打ち砕かれた。兄夫婦が事故で亡くなり、一族の海運会社を継いだクリストスは、次の後継者となる兄の息子をシアキス家に連れ戻しに来たのだという。クリストスは最後に、傲慢な口調でつけ加えた。息子と離れたくないなら、僕は君と結婚しても構わない、と。
posted by くまちゃん at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

忘れるための一夜

忘れるための一夜

マヤは夢見心地でベッドに横たわり、隣にいる義理の兄、クリードを見つめた。母の再婚によってフォーチュン家で暮らすようになって以来、マヤはずっとクリードに想いを寄せてきた。彼にはいつも冷たく当たられてきたので、叶わぬ恋と諦めていたけれど、まさかこんなふうに愛し合える日が来るなんて…。だが、幸せは長くは続かなかった。クリードは唐突に起き上がって服を着だすと、冷ややかな視線をマヤに向け、信じられない言葉を投げつけた。



忘れるための一夜
著者/訳者名 ハイディ・ベッツ/作 仙波有理/訳
出版社名 ハーレクイン (ISBN:978-4-596-51229-1)
発行年月 2008年06月
サイズ 156P 17cm
価格 700円(税込)
posted by くまちゃん at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

意外な求婚者

エングルメア侯爵ニコラスは、これこそ正しい道だと確信した。清楚で真面目なセアラ・ウェリングフォードとの結婚。母を安心させ、子をもうけ、安定した家庭を礎に自由に暮らす。妻をめとる理由など、それ以外には何もない。セアラは借金のかたに薄汚い准男爵と結婚する気らしいが、理想の花嫁である彼女を、暗い未来から救ってやろうではないか。気の利いた思いつきに、ニコラスは自尊心をくすぐられた。だが、不遜な侯爵の計画に、間もなく誤算が生じる。想像以上に巧みな彼女のキスに、驚きと嫉妬を覚えたのだ…。



意外な求婚者
著者/訳者名 ジュリア・ジャスティス/著 木内重子/訳
出版社名 ハーレクイン (ISBN:978-4-596-93165-8)
発行年月 2008年07月
サイズ 380P 15cm
価格 740円(税込)

posted by くまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

忘れるための一夜

忘れるための一夜

マヤは夢見心地でベッドに横たわり、隣にいる義理の兄、クリードを見つめた。母の再婚によってフォーチュン家で暮らすようになって以来、マヤはずっとクリードに想いを寄せてきた。彼にはいつも冷たく当たられてきたので、叶わぬ恋と諦めていたけれど、まさかこんなふうに愛し合える日が来るなんて…。だが、幸せは長くは続かなかった。クリードは唐突に起き上がって服を着だすと、冷ややかな視線をマヤに向け、信じられない言葉を投げつけた。



忘れるための一夜
著者/訳者名 ハイディ・ベッツ/作 仙波有理/訳
出版社名 ハーレクイン (ISBN:978-4-596-51229-1)
発行年月 2008年06月
サイズ 156P 17cm
価格 700円(税込)
posted by くまちゃん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理想の花嫁

理想の花嫁

ロンドンの貧民街に暮らすデヴォンは、傷を負って倒れているところを通りがかりの侯爵セバスチャンに助けられる。屋敷に連れ帰って手当てをするうちに、デヴォンに惹かれるようになるセバスチャンだが、彼には侯爵家の当主としてふさわしい花嫁を迎える義務があった…ナポレオン時代のイングランドを舞台に、侯爵家三兄妹の愛の行方を追うシリーズ第1作。



理想の花嫁
著者/訳者名 サマンサ・ジェイムズ/著 松井里弥/訳
出版社名 ソフトバンククリエイティブ (ISBN:978-4-7973-4668-8)
発行年月 2008年05月
サイズ 486P 16cm
価格 893円(税込)
posted by くまちゃん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

愛を恐れる誘惑者



キンバリーは脅迫状を受け取った。五百万ドル用意しなければ、息子を誘拐するというものだ。短期間でそんな大金を用意するなど不可能で、彼女はやむなくある人物のもとを訪ねた。その人物とはブラジル人の大実業家ルス。彼本人は知らないが、息子の父親でもあった。七年前に別れて以来、一度も会っていなかったルスは、キンバリーの話はすべて欲得ずくの嘘だと決めつけながら、条件をのむなら必要な金額を彼女に渡そうと約束する。だがそれは、彼女が期限つきの愛人になることを意味していた。贅沢のために大金を欲しがっていると思われたままルスの愛人になったキンバリーは、心が深く傷ついていく。ルスが彼女の言葉に耳を傾けてくれる日はくるのだろうか。好調サラ・モーガンの新作。

発行年月 2007年12月
楽天ブックスを見る
posted by くまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

ヒーローに乾杯 ノーラ・ロバーツ・コレクション




ヒーローに乾杯 ノーラ・ロバーツ・コレクション

手ひどい離婚で傷ついたヘスターは、息子とともにニューヨークに引っ越してきた。その矢先、ある男性が「引っ越し祝いにピザをどうぞ」とやって来る。不審を抱く彼女だが、息子の輝く目を見て、何も言い出せなくなった。〔1989年刊の再刊〕

発行年月 2007年10月

Amazonで購入
posted by くまちゃん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

この海に眠れ



この本をAmazonで購入   この本をビーケーワンで購入

画像をクリックすると楽天で購入できます。

発行年月 2007年09月
価格 710円(税込)

アンドルーは人々にまぎれてトレーシーを追っていた。彼女は「オメガ」本部で聞いたような悪人には見えない。むしろ魅力的な容姿に、アンドルーは任務を忘れそうになっていた…。
posted by くまちゃん at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛は永遠に ウエディング・ストーリー 2007



この本をAmazonで購入

発行年月 2007年09月
価格 1,260円(税込)

ホテルを開業するため、コロラドにやってきたエミリー。開業予定の酒場の2階の所有者であるルーカスから、遺産相続のための便宜結婚を持ちかけられ…。「魅惑の花嫁」ほか全3編収録。
posted by くまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

純白の似合う季節に



純白の似合う季節に

発行年月 2007年09月
価格 900円(税込)

【RITA賞ヒストリカル長編部門賞(2002年度)】
posted by くまちゃん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

あなたを忘れたい



あなたを忘れたい シルエット・ディザイア

発行年月 2007年09月
価格 680円(税込)

テリーは、プレイボーイのJ・Bに7年ものあいだ片思いをしている。いつかは彼が振り向いてくれるかもしれない…。そんな淡い願いは、J・Bの言葉によって打ち砕かれた。「僕がきみみたいな小娘を求めると思うか?」
posted by くまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

情熱の目覚め



情熱の目覚め (ハーレクイン・アフロディーテ (HA27))

発行年月 2007年09月

男性への接し方がわからないセイラは、食堂で意識している男性の前にわざとフォークを落とし、会話の糸口をつかもうとする。しかし、不運なことに社内で最も恐れている男、マットの上に皿ごと料理を落としてしまう。



posted by くまちゃん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

27通のラブレター



“愛している、そばにいてほしいわ、リチャード…”自分宛ではないとわかっていても、愛情にあふれた27通の手紙を読むことで生きる希望を得たトレヴァーは、いつしか見知らぬ女性を愛しはじめていた。やがて彼は、偶然にも手紙の送り主であるカイラに接近する機会を得る。そして、亡き夫を思い続けながら独りで子どもを育てている彼女に愛を告白する。優しさと深い思いやりで、とまどうカイラの心を揺さぶるトレヴァー。しかし彼には、ある重大な秘密があった…。世界中の女性が涙した、せつなくも美しいラブストーリー。

発行年月 2007年08月

27通のラブレター (MIRA文庫 SB 1-15)
posted by くまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

愛人関係



今日、クレアの予感は非情にも的中した。
妊娠…。
子供の父親は、ボスである若き実業家マックス・レイサム。クレアはこの5カ月間、昼は有能な社長秘書として、夜は情熱的な愛人として、身も心も彼に捧げてきた。そう、独身とはいえ束縛を嫌うマックスにとって、わたしは正式な恋人ではなく、愛人でしかない。
妊娠を打ち明ければ、彼はきっと猛烈に怒るだろう。そして結局は、責任をとると言い出すかもしれない。でも、決して心から愛してくれない人と結婚なんてできないわ。

発行年月 2007年08月
posted by くまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛と哀しみの城



婚約者に突然捨てられたシェーンは、祖母の死後、相続した家を改装しアンティークショップと博物館を開こうと計画していた。友人から隣家に越してきたバンスが金に困っていると聞き、シェーンは家の改装を彼に依頼することにした。しぶしぶといった様子で引き受けたものの、バンスの態度は冷たく、人を寄せつけないままだ。だがある日、きつい言葉を浴びせられて涙を浮かべたシェーンは、突然バンスに激しく唇を奪われていた。

発行年月 2007年08月

posted by くまちゃん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

秘密の恋人



黒いドレスを着て、ファッションショーの舞台を歩くエボニー。最前列で彼女を見守るアランは心の中でつぶやいた。彼女は魔女だ。次々と男の心を引きつけては捨てていく。それがわかっていながら、エボニーの罠に落ち、後見人という立場も忘れて、一線を越えてしまった。あれは、エボニーの二十一歳の誕生日の夜だった。目の前で誘うように裸になって、彼女はプールに飛び込んだ。あの状況では誰だって彼女を抱かずにはいられなかったはず…。そして一年以上たった今も、ふたりの関係は密かに続いている。社会的に容認されるものではないと思いつつ、断ち切れずに。

発行年月 2006年08月
posted by くまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

許されぬ過去



わたしたちの結婚は、七年前に無効になったはず…。不意に目の前に現れた男性をサリーナは茫然と見つめた。十七歳のとき一途な愛を捧げた人―コルビー・レイン!サリーナは狂おしいほどの情熱に身を焦がし、コルビーの人生を、そして彼女自身の人生を台なしにしたのだ。七年後のいま、同じ会社で働くことになった運命のいたずらに、サリーナは心の激しい動揺を抑えられなかった。

発行年月 2007年08月
posted by くまちゃん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハーレクイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。