デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2009年05月25日

新型インフルエンザ完全予防ハンドブック

新型インフルエンザ完全予防ハンドブック
著者/訳者名 岡田晴恵/〔著〕
出版社名 幻冬舎 (ISBN:978-4-344-41329-0)
発行年月 2009年05月
サイズ 110P 16cm
価格 400円(税込)
新型インフルエンザにかかった時の、自宅療養のポイント
タミフルは特効薬ではない。早期服用がポイント
「強毒型」H5N1型インフルエンザ対策も!
posted by くまちゃん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ハルフウェイ

著者/訳者名 北川悦吏子/〔著〕
出版社名 幻冬舎 (ISBN:978-4-344-41252-1)
発行年月 2009年01月
サイズ 166P 16cm
価格 480円(税込)
この恋は、きっと永遠。そう信じてひたむきに恋をする、地元の高校に通うシュウとヒロ。しかし“卒業”を前に、二人の心は揺れる。東京の名門大学を受験することを決めたシュウと、そんな彼を素直に応援できないでいるヒロ…。誰の記憶にもある「卒業の風景」を通して、初々しくはかない青春と初恋の季節を綴る、まっすぐな恋の物語。
Sony Style(ソニースタイル)
バイオが59,800円で買えちゃいます。私も使ってます〜(最高)
posted by くまちゃん at 09:34| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

経済学はこう考える

著者/訳者名 根井雅弘/著
出版社名 筑摩書房 (ISBN:978-4-480-68801-9)
発行年月 2009年01月
サイズ 124P 18cm
価格 714円(税込)
Sony Style(ソニースタイル)
私たちはなぜ、何のために経済学を学ぶのだろうか?「冷静な頭脳と温かい心」「豊富の中の貧困」など、経済学者たちはこれまで、考えを尽くし、さまざまな名言を残してきた。彼らの苦悩のあとを辿り、経済学の魅力を伝授する。
posted by くまちゃん at 21:59| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

ラスト・イニング

ラスト・イニング
お客様オススメ度 ★★★★★
著者/訳者名 あさのあつこ/〔著〕
出版社名 角川書店 (ISBN:978-4-04-372108-5)
発行年月 2009年01月
サイズ 252P 15cm
価格 500円(税込)
価格.com 中古車査定
新田東中と横手二中。運命の再試合の結末も語られた、ファン待望の一冊、ついに文庫化!高校生になって野球を辞めた瑞垣。巧との対決を決意し、推薦入学を辞退した門脇。野球を通じ日々あえぎながらも力強く変化してゆく少年たちの姿を描いた「ラスト・イニング」他、「空との約束」「炎陽の彼方から」を収録。永遠のベストセラー『バッテリー』を、シリーズ屈指の人気キャラクター・瑞垣の目を通して語った、彼らのその後の物語。
posted by くまちゃん at 21:47| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

会社は毎日つぶれている

会社は毎日つぶれている
会社経営は常在戦場、毎日毎日が非常時だ。どんなに斬新なビジネスモデルも少しずつ陳腐化し、トップの小さな油断は、会社の膨大なリスクとなってはね返ってくる。六千億円もの不良資産を抱えた大手商社を再建した著者が語る、双日初代社長としての心構えと矜持。
セブン-イレブンネット
セブンアンドワイ
posted by くまちゃん at 21:42| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

「超」怖い話Ν

「超」怖い話Ν
それは刺青のごとく。鋭い衝撃、奔る戦慄。魂魄に刻まれ沁み付く、危険なまでの恐怖譚。
posted by くまちゃん at 08:06| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

震える夜が終わるまで



パフュームキャンドルの会社を営む美貌の女性ケイトは、友人に招かれたパーティ会場で爆破事件に遭遇する。ゲストの一人の過激なアーティストを狙ったものと思われたが幸い負傷者もなく、唯一現場に居合わせたケイトも奇跡的に難をのがれた。そんななか第二の爆破事件が発生し、彼女の周囲で不審な出来事が相次ぎはじめる。やがて届いた見知らぬ法律事務所からの呼出し状。それは、これまで存在すら知らなかった大おじが八千万ドルもの遺産を遺していたことを知らせるものだった!ケイトは親友の兄で密かに想いを寄せてきた刑事ディランとともに、危険なゲームに巻き込まれてゆくが…。
posted by くまちゃん at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか



面接の場ではキラキラしていたはずの人材が、入社したらまったく使えなかった…。本当は「頭でっかち」や「情報メタボ」なだけなのに、一見優秀そうな学生たちにコロッとだまされていませんか?本書は、悩める貴社のために、早期離職を防ぐ、職場を活性化させるための採用・面接・育成のコツを分かりやすく教えます。人事は本来、科学です。三〇〇社以上の人事コンサルティングに携わった著者が、さまざまなトライ&エラーを検証して、「成長を焦る若者vs.教えられない上司」という現実に即した、本当に効果のある方法だけをお伝えします。
posted by くまちゃん at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

会社は毎日つぶれている



会社経営は常在戦場、毎日毎日が非常時だ。どんなに斬新なビジネスモデルも少しずつ陳腐化し、トップの小さな油断は、会社の膨大なリスクとなってはね返ってくる。六千億円もの不良資産を抱えた大手商社を再建した著者が語る、双日初代社長としての心構えと矜持。
posted by くまちゃん at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

慢性疲労は首で治せる!



慢性疲労、うつ、頭痛、めまい、微熱、ドライアイ、冷え、パニック…原因は首にあった!首の筋肉を治療すればさまざまな病気が治る。
posted by くまちゃん at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

小悪魔セックス



当代きってのモテ男たちを袖にした(!?)元AVクイーン穂花がホンネで語る、女の子が本当に「シテほしいセックス」と「シテあげたいセックス」。
posted by くまちゃん at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

家族の言い訳



家族に悩まされ、家族に助けられている。誰の人生だってたくさんの痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている。作詞家・森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に「大人の純粋さ」を浮かび上がらせた。『ホタルの熱』『おかあちゃんの口紅』はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作。あなたの中の「いい人」にきっと出会える、まっすぐな人生小説をお届けします。
posted by くまちゃん at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福家警部補の挨拶



本への愛を貫く私設図書館長、退職後大学講師に転じた科警研の名主任、長年のライバルを葬った女優、良い酒を造り続けるために水火を踏む酒造会社社長。冒頭で犯人側の視点から犯行の首尾を語り、その後捜査担当の福家警部補がいかにして事件の真相を手繰り寄せていくかを描く倒叙形式の本格ミステリ。刑事コロンボ、古畑任三郎の手法で畳みかける、四編収録のシリーズ第一集。
posted by くまちゃん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

あの戦争は何だったのか



戦後六十年の間、太平洋戦争は様々に語られ、記されてきた。だが、本当にその全体像を明確に捉えたものがあったといえるだろうか。旧日本軍の構造から説き起こし、どうして戦争を始めなければならなかったのか、引き起こした“真の黒幕”とは誰だったのか、なぜ無謀な戦いを続けざるをえなかったのか、その実態を炙り出す。単純な善悪二元論を排し、「あの戦争」を歴史の中に位置づける唯一無二の試み。
posted by くまちゃん at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

面白くってやめられない英語の雑学


面白くってやめられない英語の雑学

私たちの生活の中にカタカナで定着している英語の言葉は案外多いもの。でも、その語源や由来は、知っているようで知らないことも多いはず。たとえば、キオスク、ビキニ、マグカップの由来は?ギネスブックのギネスって、ギネスビールと何か関係あるの?などなど。知的好奇心がくすぐられる1冊。
posted by くまちゃん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こころが軽くなる気分転換のコツ


こころが軽くなる気分転換のコツ

人づき合いで疲れたとき、仕事で失敗してしまったとき、自分に自身を失くしてしまったときなどに、ちょっとした視点の切り替えと簡単な発想の転換で、沈んだ気分も弱った心も楽になる方法があった!不安、つらさ、あせり、不満、イライラ…。あなたを悩ますすべてを軽くする気分転換のコツを知り、ありのままの自分らしく前向きに生きていこう。
posted by くまちゃん at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ツキの大原則 面白いほど成功する


ツキの大原則

努力が「すぐ報われる人」の ノウハウ
人生に「コペルニクス的転回」を起こす。

1章 ツキこそ「最高の能力」だ!
2章 ツイてる脳「人生最強の武器」の入手法
3章 金運がある人、ない人の「頭の使い方」
4章 仕事で「面白いほどうまくいく」法
5章 恋愛・夫婦・家族…幸せには「原則」がある!
6章 感謝の「すごいエネルギー」が人生を変える!
posted by くまちゃん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アガリ症を7日間で克服する本


アガリ症を7日間で克服する本

資料もシナリオも万全に整えたのに、アガってしまい大失敗…。こんな経験はありませんか?本書は、年間220回の講演をこなす企業研修のスペシャリストが、自らもアガリ症だった実体験をもとに「アガリ克服のノウハウ」を集中講義します。「あえて聴衆の視線をそらしてみる」「アガったときのフォローを準備しておく」など、この1冊で自信のある人に大変身!もうアガリは怖くない。
posted by くまちゃん at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

「パクリ・盗作」スキャンダル事件史



他人の作品をあたかも自分のものであるかのように発表する。この行為を盗作という。砕けた言葉でいうとパクる、だ。有名人たちが巻き込まれたパクリ・盗作事件・疑惑は数え切れない。パクリを認めない人、堂々と認めた人、謝った人、訴えた人…。本書ではこれらの事件を概観し、「いまの時代が創作物に求めているもの」、「オリジナリティとはどういうことなのか」ということを浮かび上がらせた。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80年代ガキ大全 昭和最後の小学生がハマったもの500!!



「ひょうきん族」「ザ・ドリフターズ」「ビックリマンシール」「高橋名人」「ルービックキューブ」「スケバン刑事」「キン消し」「エリマキトカゲ」「ミニ四駆」80年代の子供たちを大いに熱中させた“懐かしモノ”を完全収録!現代よりも牧歌的で、でも常に新しい刺激にワクワクしていたあの時代を、昭和最後の小学生として過ごした有名人・総勢50人の思い出コメントとともに振り返る。当時の流行りや遊び、出来事がわかる年表も。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球「世紀の因縁対決」 熱き漢たちが燃えた死闘47番勝負



三原脩VS水原茂、長嶋茂雄VS野村克也らの熾烈を極めた監督対決から、江川卓VS小林繁、清原和博VS桑田真澄らの“ドラフト因縁”対決、掛布雅之VS宇野勝、松井稼頭央VS小坂誠らの仁義なきタイトル争奪試合ほか、観る者をワクワクさせた「因縁対決」「遺恨試合」47勝負を一挙掲載。小林、東尾、田尾らが激白する「ドロ沼事件」の真相ほか、球史に残る名勝負の舞台裏を語りつくす。プロ野球ファン必読の書。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訪問者ぶたぶた



ホストのコウは焦っていた。ナンバーワンは引き抜かれ、オーナーは病に倒れ…。そんなとき耳にした“伝説のホスト”の噂。不滅の売上記録を持つ謎の男とは?(「伝説のホスト」)。もう〆切に間に合わない。アシスタントたちに逃げられ、独り泣く少女マンガ家の元にスゴ腕の助っ人がやって来た(「ふたりの夜」)。笑いの後にじんとくる、人気シリーズ最新作。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間処刑台



網膜剥離を理由にボクシング界を去ったものの、戦いの熱気が忘れられずにくすぶっていた小鹿。彼のもとに、格闘エージェントである美女が訪れ、世界最強の男、ラムアとの一戦を持ちかける。それは、アンダーグラウンドファイトへの招待状だった。闇のリングをまばゆく照らす光。血に飢えた観衆を熱狂させる野獣たちの死をかけた戦いが始まる。暴力だけがすべてを支配する、限りなく残酷で官能的な世界を、濃密に描く。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜は短し歩けよ乙女



「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千里眼の死角



世界各地で頻発する人体発火現象。判明した被害者の身元にはある衝撃の共通点があった。ペンタゴンは事態を憂慮し、密かに動きはじめる。一方、一連の事件に過剰に反応したイギリス王室のシンシア妃の精神状態の安定をはかるため、臨床心理士の嵯峨敏也はバッキンガム宮殿に向かった。世界統治を目論むメフィストによる、人類の歴史を根底から覆す戦慄のプロジェクトに岬美由紀が立ち向かう、クラシックシリーズ第7弾。

【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有
posted by くまちゃん at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

「赤毛のアン」に学ぶ幸福になる方法



「十一歳の時、私はなぜ、“この作品には何かがある”と直覚したのだろう。最近になってやっと、その正体が見えてきた」。『赤毛のアン』には、「幸福」とは何か、その秘密が隠されている。「仮想」「受容」「奇蹟」「ひたむきさ」「偶有性」「セレンディピティ」…。茂木健一郎が読み解く「幸福論」。
posted by くまちゃん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

意味がなければスイングはない


意味がなければスイングはない

待望の、著者初の本格的音楽エッセイ。シューベルトのピアノ・ソナタからジャズの巨星スタン・ゲッツの“闇の二年間”、ブルース・スプリングスティーン、Jポップのスガシカオまで、すべての音楽シーンから選りすぐった十一人の名曲がじっくりと、磨き抜かれた達意の文章で、しかもあふれるばかりの愛情をもって語り尽くされる。
posted by くまちゃん at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

あした元気になれるツボの本


あした元気になれるツボの本

パソコン操作による目の疲れや肩こり、ストレスからくる不調など、近年ビジネススタイルの変化によるつらい症状が増えています。そこで本書では、「症状に則して」「すぐその場で」「自分自身で」「短時間で」痛みや凝りをやわらげることができる、ツボ刺激の方法を中心に取り上げています。自分ですぐに治せるツボ紹介。39症状別ツボの探し方&押し方。
posted by くまちゃん at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キヨのほろりええ話


キヨのほろりええ話

2008年10月1日、意外に甲高い声で「ありがとうございます」「感謝しています」と、お礼の言葉ばかりくり返して引退した清原和博選手。彼らしい、気配りしすぎの挨拶。番長と呼ばれ、強面を装いつつも、実は繊細で心優しい野球人なのだ。泥酔したファンが清原に浴びせた罵声。そのとき、本人に代わってある選手が叫んだ。「おやじ、酒飲み過ぎだ!」。その男とは?キヨにまつわる「ええ話」を95篇収録。
posted by くまちゃん at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極の焼酎を求めて


究極の焼酎を求めて

一躍ブームを巻き起こし、多くの新しいファンを生み出した酒、「焼酎」。ただし、光が当てられるより以前の味わいや地元での存在はあまり知られていない…。ブームのはるか昔に、鹿児島を訪ね歩いた名物居酒屋店主が初めて語る、プレミアム焼酎の謎、本当に美味しい飲み方、焼酎がこれから向かう未来について…。焼酎ファンはもちろん、ビギナーの方や、焼酎を仕事で取り扱うみなさんにも、おすすめの1冊です。
posted by くまちゃん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球の静止する日


地球の静止する日

「上には上がいる」とよく言うが、地球上の生物のなかで頂点にいると思い込んでいるだけかもしれない人類。その人類のまえに、還宇宙や異次元から、はるかに高い知能や文明を持つ種族が不意に出現したとき、何が起きるのか?かれらは人類に恩恵をもたらしてくれるのだろうか?(「地球の静止する日」)これまでに映像化された作品を集めた、SFスリラー傑作選。
posted by くまちゃん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュレディンガーの哲学する猫


シュレディンガーの哲学する猫

ある日作家のもとに現れた、哲学者の言葉を語る不思議な猫。「語の意味とは何か?」「“私”は誰?」哲学の諸問題を、猫と作家が案内する。サルトル、ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、小林秀雄…古今東西の哲学者、思想家たちの核心を紹介。時空を旅する猫とでかける、「究極の知」への冒険ファンタジー。
posted by くまちゃん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間の運命


人間の運命改版

ロシアの孤児アンドレイは、貧しくも愛する家族と幸福を築いていたが、第2次世界大戦に出征中にドイツ軍の捕虜となり、長く過酷な収容生活を送る。そして脱出後に知った妻と子供達の死。全てを失い深い絶望の中で流浪のトラック運転士となった彼は、ある日1人の幼い戦争孤児に出会い…。1人の人間の小さな幸福、戦争による絶望、それを救う大きな人間を描いた表題作他、ノーベル文学賞作家による短編5編。
posted by くまちゃん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

千里眼マジシャンの少女



雪山で遭難事故が発生した。休暇で訪れていた岬美由紀は救出に向かうが、現場に人影はなく雪崩に呑み込まれてしまう。折しも東京都知事は、お台場の巨大カジノ建設計画を発表。オープニングセレモニーには天才マジシャン少女、里見沙希が出演していた。ショーが始まったその時、銃声が轟き、会場は武装集団に占拠されてしまう。彼らの真の目的とは?最高のリーダビリティと称される、クラシックシリーズ第6弾。
posted by くまちゃん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キス・キス・キス 土曜日はタキシードに恋して



服も髪型も実用一辺倒で男勝りなFBI捜査官のCJ。そんな彼女にとって、ハンサムで女たらしのパートナー、ワイアットは天敵と呼べる存在だ。ある晩、潜入捜査でクリスマスパーティに出かけたCJは、いつものような口論のさなか、ワイアットから一つの提案をもちかけられる。それは彼女が一夜をともにしてくれたら彼が異動願いを出し、パートナーを解消するというもの。CJは売り言葉に買い言葉で提案を承諾するが…。人気の著者エリン・マッカーシーによる表題作をはじめ、偶然エレベーターに閉じ込められた男女と、真夜中の訪問者に翻弄される女性、三つのエロティックな恋で綴る絶賛シリーズ第6弾。
posted by くまちゃん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千里眼の瞳



山手トンネル事件を生き抜いた岬美由紀の前に再び姿を現した友里たち。その対決の末にメフィスト・コンサルティングが最も危険な存在だとマークしたのは、美由紀だった。そんな中、北朝鮮の支配者の息子が偽装旅券の使用で身柄を拘束され、同行していた女性の発言が波紋を呼ぶ。美由紀が自衛隊時代に体験した北朝鮮ミグ機の迎撃と拉致事件との二転三転する結末を、息もつかせぬ展開で描いた、クラシックシリーズ第5弾。
posted by くまちゃん at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

報いのときは、はかなく



不倫の関係をつづけていた男女が惨殺された。容疑者と目されたのは、殺された男の妻だった女性ルヴァ。彼女はロークの業務管理役カーロの娘で、自身もロークのもとで働いていた。彼女の無実を信じるロークは、捜査に乗りだしたイヴに協力し、コンピューターを使って独自の調査を開始。そして被害者たちがHSOという対テロ組織の仕事をしていたことを突き止める。だが、同時に知ってしまったのは、HSOとイヴの幼年時代にかかわるあまりにも残酷な事実だった。驚愕したロークはある決断を下すが、それが原因でイヴとのあいだに深い溝が…。
ラベル:文庫
posted by くまちゃん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

70〜80年代アイドルスキャンダル事件史



アイドルブーム全盛期の1970〜80年代。なかでもトップアイドルだった美少女たちは、人気者が故にたびたびワイドショーやゴシップ誌を賑わせ、物議をかもした。彼女たちの恋、妊娠・中絶、失踪、バッシングetc.これらのスキャンダルは、当時マスコミによってどのように報道されたのか。あのころ少年少女だったあなたを夢中にさせたアイドルたちの、お騒がせ事件史を改めて検証する。
ラベル:文庫2008
posted by くまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

黙契



二月の謹慎中にひそかに玲奈と渡った清国で、剣豪旗本座光寺藤之助は幕府存亡の危機を自覚する。蟄居あけを総出で祝福してくれた長崎への藤之助なりの答礼は、町じゅうを敵に廻す大目付大久保純友との対決!そして江戸帰還を前に、玲奈と交わす二人きりの儀式とは!?疾風シリーズ第8弾。
ラベル:文庫2008.11
posted by くまちゃん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

御暇



無敵の南蛮剣を玲奈の母から譲り受け、日本人だけで江戸を目指す観光丸で藤之助は長崎を後にする。当主の見違える偉丈夫ぶりに、腰を抜かす座光寺家江戸屋敷の面々。縁談の持ち上がった文乃を連れ、藤之助は懐かしき故郷へ…。幕末を駆ける快男児を描く人気シリーズ、怒涛の二冊同時刊行。
ラベル:文庫2008.11
posted by くまちゃん at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。