デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2008年06月02日

愁いの波に揺れ惑え

愁いの波に揺れ惑え

時は平安。何日も止まない雨のように、昌浩の思いは晴れない。そんななか斎宮が倒れ、異変がつづく伊勢から、天照大御神の依代として、帝の娘・脩子を連れてくるよう天勅がくだった。帝は、晴明と安倍家の娘である彰子に、脩子といっしょに伊勢に行って欲しいと言い出す。その直後、都では地震が起き、金色の龍があらわれた。昌浩は紅蓮とともに、龍を倒そうとするが―!?激動の玉依編、第二弾。



愁いの波に揺れ惑え
著者/訳者名 結城光流/〔著〕
出版社名 角川書店 (ISBN:978-4-04-441630-0)
発行年月 2008年06月
サイズ 236P 15cm
価格 500円(税込)
posted by くまちゃん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ティーンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。