デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2007年10月14日

「タバコは百害あって一利なし」のウソ

タバコは予防できる最大の死の要因!タバコの侵略的性格が受動喫煙の害を生み出す!タバコは依存性があるから喫煙者は病人!それどころか喫煙者は無用な社会的コストをかけている!―なぜここまでタバコはバッシングされる存在になったのか?拡大し続けるタバコ有害論の根拠をいま一度問うため、疫学・近代医学観・歴史・産業などさまざまな角度から喫煙と健康の問題を照射。そのうえで、なかったことにされている喫煙の効用を改めて検証する。「なぜ人はそれでもタバコを吸うのか」の答えがここにある。

posted by くまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。