デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2007年08月04日

廃帝綺譚



流され逐われ滅ぼされた四人の帝王たち。近く本朝を窺い遠く異朝を訪う『後(のちの)安徳天皇漂海記』。

 元朝皇帝に代々伝わる琥珀の玉。マルコ・ポーロが遺した古書にくるまれたその玉は、さまざまな王たちの最期に立ち会う。同様の琥珀のかけらは、本朝隠岐島、安徳の異母弟であった後鳥羽院の配流先にも届けられたのだった・・・。
 ーーモンゴルの草原に帰った元朝最後の皇帝、世界艦隊を派遣し明朝最盛期を築いた永楽帝とその腹心鄭和、季自成軍迫る北京城で明朝の後始末をつけた崇禎帝、そして承久の乱に敗れた後鳥羽院。王たちが帝位を離れひとりの人間に還る、最期の一日を描く連作中篇集。
posted by くまちゃん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 01:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。