デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2007年07月01日

ランナー

ランナー
おすすめ度 :
税込価格 :¥1,470 (本体 :¥1,400)
出版 : 幻冬舎
サイズ : 四六判 / 241p
ISBN : 4-344-01345-X
発行年月 : 2007.6

この文体、この勢い、あさのワールドのまっただ中!そしていつのも数倍、心の迫ってくる圧倒的なエンディング。「バッテリー」を軽く超えちゃったね。(金原瑞人氏談)。長距離走者として将来期待されながらも、試合での惨敗を機に退部届けを提出した碧李。母からの虐待を受ける妹の守るために陸上部を退部したと思い込もうとしていた碧李だが、それがたったの一度レースで惨敗しただけで走れなくなった自分への言い訳であることに、心のどこかで気付いていた。碧李の才能に固執する陸上部監督の箕月や、マネジャーの杏子の説得もあり、碧李は陸上部に復帰するが、母と妹の関係を気にするあまり、なかなか走りに没頭できない。しかし親友の助けもあり、碧李は徐々にランナーとしての勘を取り戻し、秋の県大会に五千メートルの選手として出場することに決める。妹に見守られながら、碧李はもう一度スタートラインに立つ。

『バッテリー』のあさのあつこが描く、陸上小説。

この本をAmazonで購入
posted by くまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。