デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2009年04月02日

陽だまりのふたり

陽だまりのふたり
著者/訳者名 キャサリン・アンダーソン/著 木下淳子/訳
出版社名 二見書房 (ISBN:978-4-576-09036-8)
発行年月 2009年04月
サイズ 526P 15cm
価格 1,000円(税込)
サマンサは、ロデオ競技場でふとしたことから若くハンサムな獣医タッカーと知り合った。だがある理由から恋に臆病なサマンサは、彼からの食事の申し出を断わり、牧場での仕事に打ちこもうとしていた。その矢先、所有するチャンピオン馬が何者かによって毒殺されそうになる。サマンサは腕のよい獣医であるタッカーに救いを求め、不眠不休で働くその姿に、いつしか心は惹きつけられていった。ところが思わぬことにサマンサ本人が犯人だと疑われる…心温まる感動のロマンス。
posted by くまちゃん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学(SF) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。