デル株式会社
Sony Style(ソニースタイル)

2009年01月01日

責任に時効なし 小説巨額粉飾



著者は日本を代表する名門企業の常務取締役として巨額粉飾事件に遭遇し、逮捕された。しかし、粉飾に異を唱えていたことが判明、不起訴となって釈放された。その体験をもとに3年の歳月をかけて長編小説として綴ったのが本書。企業崩壊をもたらした組織的粉飾とは何かを明らかにするとともに、著者がもっとも問題にしているのが、粉飾を長年放置してきたにも拘わらず、時効の壁によって不問に付された歴代の経営者たちの責任問題である。法的告発には時効があるが、「責任に時効はない」と著者は訴えるのである。
posted by くまちゃん at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 文芸2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。